竹田喜之助顕彰会

昭和52年12月、邑久町出身の世界的糸操り人形師、竹田喜之助(本名:岡本隆郞)を応援しようと「竹田喜之助後援会」が発足。しかし、2年後の昭和54年9月、交通事故が原因で不帰の人となりました。これを機に喜之助の偉大な業績を顕彰し、芸術文化の向上に寄与することを目的として、「竹田喜之助顕彰会」に改名。以後、各種事業を実施。平成21年以降は、人形劇の祭典「喜之助フェスティバル」の運営にあたっている、喜之助フェスティバル市民実行委員会の中核を担っております。どうぞ引き続きのご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

顕彰会

竹田喜之助をたたえ、人形劇の普及・発展を図るとともに、広く瀬戸内の文化向上と豊かな情操をつちかい、活力あるまちづくりの推進に寄与します。

瀬戸内市竹田喜之助顕彰基金条例

竹田喜之助顕彰会へのご入会などに関しては、お問い合わせよりお問い合わせください。

 ▲ホームへ戻る