プロ劇団の紹介

1,竹田人形座/人形師 鈴木友子

糸あやつり人形とあそぼう

瀬戸内市および長野県飯田市においてアマチュア人形劇団の育成に力を注いできた竹田喜之助の弟子である鈴木友子さんが、会場内ロビーステージにて、糸あやつり人形のあやつり方を手ほどきします。みんなで糸あやつりの繊細な手の動きにチャレンジしよう。
できるかな?!

2,糸あやつり人形劇団 みのむし

糸あやつり人形芝居『舌きりスズメ』

おなじみの昔話『舌切りスズメ』を 伝統芸能「糸あやつり」の面白さをふんだんに取り入れたみのむし風人形劇にしました。出るわ出るわ、一つ目小僧、ろくろっくび、ガイコツ、かっぱなどなど。こわくて面白いオバケたちが次から次へと出てきます。今までにこんな面白いあやつり人形劇は見たことないと大評判!

3,糸あやつり人形劇団 かわせみ座

『 精霊幻想譚 』せいれいげんそうたん

独自の人形表現力と幻想的な世界観で多くの人を魅了する、かわせみ座式マリオネット。ロビーパフォーマンスならではの、舞台と客席との近さも見どころです。河童の「つらら」…さびしんぼう、烏天狗の「酌」…のんべえ、月乙女と月の金魚 「ファー」…かれん。今年は
和の精霊たちが登場します。生命力あふれる人形たちのピュアでユニークな動きを間近でお楽しみください。

4,江戸糸あやつり人形

ショ・ジョ・ジ/他

「ショ・ジョ・ジ」は証誠寺に棲むいたずら好きタヌキが化けて、お坊さんを驚かすお話です。ここでは、「骨寄せ(こつよせ)」と呼ばれる古くから伝わる仕掛けを使うなど、楽しいお話になっています。その他、「かっぽれ」や「獅子舞」など、日本伝統の芸を糸あやつり人形ならではの趣向でお楽しみください。

5,人形劇団 ばんび

豆狸だ・ぽん!/他

「おいら、そろばんなんて大キライ!」酒屋の跡取り息子・梅吉は、めんどくさがりのお調子者でいつもおとっつぁんからガミガミ叱られてばかり。とうとう、酒蔵に閉じ込められてしまいました。するとどこからともなく一匹の狸が…。妖怪豆狸と梅吉のちょっと不思議な心あたたまるお話です。どうぞお楽しみに!!

6,人形劇団 ぽけっと

人形劇「さるかにばなし」/ 大型絵本「はだかの殿さま」

・「さるかにばなし」
塩くみに出かけ 大きなにぎり飯をみつけたかに そこへさるがやってきて にぎり飯をひったくり かわりに柿のたねを投げてよこした・・・
・大型絵本「はだかの殿さま」
日本にもおしゃれ好きの殿さまがいました ある日 ”めずらしい服を持ってきた者には ほうびをとらすぞ とおふれを出しました